2020-05-01

9月入学は可能か?

新型コロナによる外出自粛中、子どもに体育の授業を始めた吉田です。

 

 

新型コロナの世界的な蔓延に伴い日本全国で休校が続く最中、長期化したことで生じつつある子どもたちの学力格差、または自治体ごとの取り組みの差異による地域格差、その他長期休校によるダメージを最小限に食い止めるためのウルトラCと成りうる可能性を秘めた、「9月入学」の本格的な検討が日本政府内で始まったようです。

 

この9月入学については、多くの諸外国で取り入れられているグローバルスタンダードで、日本でも「学制」に基づき、欧米のスタンダードにならい9月入学とされていた時代がありました。日本が欧米諸国の仲間入りを果たすために必要とされた教養や文化などを取り入れるために、その世界に身を置く教師の招へいの都合を考えても9月入学は当時の実情を鑑みて、すべからく妥当であったと考えられます。

 

しかし、その後日本では「4月入学」が定着し(誰の必要性によってであったのか、少なくとも国民ではなく、お国の事情のようですが、詳細は分かりません。勉強不足ですみません・・・)現在に至りますが、この4月入学が定着してからおよそ100年後となる2020年、新型コロナウイルスといった招かれざる要因によって、小さな小さな9月入学を希望する声が、やがて日本政府を動かす大きな力となり、日に日に9月入学移行の賛同者が増えつつあります。

 

おそらく平時に9月入学の論争が勃発したとすると、話し合いに話し合いを重ね、また二転三転を繰り返し、ようやく実施を迎えるのに4,5か月の期間でこれを集約させることなど不可能に近い、いや不可能と言い切れるほどの大きなプロジェクトになるはずです。大学入試改革一つをとっても、以前より十分な期間を要して民間教育企業の力も借りながら推し進めたにもかかわらず、不安と不満を抱えグレードダウンしてしまっている感があることからも、大学入制度改革以上の規模になる今回のウルトラCについてはその実施を急いだことで、一つの痛みを和らげるために三つの痛みを伴ってしまう制度、にはなってほしくはありません。

 

私見としては9月入学に否定的ではありませんが、強権的な見切り発車が後々新たな問題を生み続けてしまうことはないか?、いつかはグローバルスタンダードに倣うとして、今は現行の年度の枠内でダメージの極小化は図れないのか?オンライン学習の持つ力で休校中の学習指導を補てんできないのか?サクセスゼミナールでは小さな力を駆使して実行可能な取り組みから始めて、子どもたちにとって大きく局面が変わる時が来ても、学力という武器をもって荒波を乗り越えられるように、精一杯教育者の責任を全うします。今は「オンライン指導」に加え「オンライン自習室」のオープンに向けて日々奮闘中です。

 

今目前に置かれた現実のとらえ方も今後を左右するはずです。悲観的な現状を悲観視しても二重苦三重苦となり生産性がありません。どうせ悲観的な現状ならば、これに戦いを挑むつもりで前向きに生産性を求めて生活してみるのはどうでしょうか?私事ですが、コロナとの勝負に勝つために感染しない取り組みはもちろん、コロナ終息の時に得られているものが一つでも多くあるよう、今だからこそ始めよう!と思ったことを片っ端から始めています。その一つが肉体改造。50歳が見えてきたこの年ではありますが自宅でもできる筋トレ器具を準備して、時間があるときは何セットも筋トレに興じています。近々“バッキバキ”のはずです?

その他にも、外出自粛ならば“自宅でキャンプ”をしてやろう、との思いつきから、猫の額ほどの庭にテントを張り息子たちとゲームをしたり、ちょっとした勉強もテント内で取り組んだ入りしています。まだまだ今だからこそ!で始めたことがたくさんありますが、それはまた今度の機会にでも・・・

 

これを読んでくださった方にも、今だからこそ!と取り組みを強くお勧めします。悲観的な今だからこそ、強く前へ!前へ!!前へ!!!コロナを抜き去り、大きく前へ!!!!

Copyright© 2004 サクセスゼミナール All Rights Reserved. WEB Produced by SPOT